『そろそろ幸せになりたい』私は熟年離婚をしてもうそろそろ10年くらい経とうとしています




私は熟年離婚をしてもうそろそろ10年くらい経とうとしています離婚した原因は夫の借金が原因でしたそのためにマンションも旦那の実家の財産 も全て無くしてしまいましたその後の生活も困窮して本当に苦しいものでした私自身娘の2個もあってなかなか気持ち的にも生活的にも落ち着いた状態が得られなかったのですがその中でもあるご縁がありとてもありがたく思っているんです

ご縁も複数あります一人目の方は2年前に知り合った方なんですがとても気が合う間柄です彼と一緒に慣れたらば自然な感じでとてもいいなという思いはしているんですが彼も前妻の散財が原因で資産がとても困窮しておりますまた彼は自閉症の息子さんも抱えているという状態なんですもう一人の方は最近知り合ったばかりなんですが安定した生活を送っていらっしゃる方で奥様に先立たれたそんな方ですみおりも全くない御様子ですね一緒に老後を過ごそうと言ってくださるんですが彼は山派で私は海派なんです

そろそろ私も再婚を考えてみたいなと思っているのですがどちらの方を選んだら将来的に幸せになるのかなと色々と考えてしまいますそこで経済的なご苦労をなさった中高年の女性の方にお聞きしたいのですがもしご自分だったらどのような選択をなさいますかご自由に本音をおっしゃってもらえるとありがたいです周りには自分のよう貧しい女性はおらず安定した老後を送られている方のアドバイスは参考にならないと思っておりますどうぞよろしくお願いします

回答その1

あなた様が変更に悩んでいて将来的に安定した生活を送りたいと思っていらっしゃるのならば悩む余地はないのではないでしょうかやはり後者の方がいいのではないでしょうか熟年離婚されてすでに10年経過されているということですがそうなると年齢もだいぶ入っていらっしゃるようですね今さら趣味が合うと買わないとかそんなの関係ないような気もしますがどちらにせよどちらを選んだとしても寝れ安定して過ごせるかどうかなんて誰にも保証できませんよまた離婚する可能性だってありますしね

回答その2

どうしてその二者選択で悩む必要があるんでしょうかお金に苦労をされたということならば悩む必要はないのではないでしょうかどこのどんなところを悩んでいらっしゃるのでしょうかそこのところをしっかりと書いてみてはどうでしょうか自分の本音とせっかく立てた質問ですので心の中の自分とちゃんと向き合って本当の気持ちを書いてみたらどうでしょうか

回答その3

私は40歳ですおそらくこのまま安定した老後を迎えられると思いますだからあなた様にはお呼びではないような立場の人間ですが一言言わせてくださいそもそもあなたは幸せというものを全くご存知ないような感じに受け止められますね大変失礼なことを言うようですがあなた様はどちらの男性を選んだとしてもきっと幸せというものにはたどり着けないと思いますよ間違いなくほぼ無いと思いますもちろん誰でもどのカップルでも価値観が違うと思いますので一概にこれが唯一無二の幸せとは言えませんだけれども絶対に譲れない点がありますそれは幸せとは人に与えられるものではありませんよ自分で作り出すものですよだからどちらの男性が私を幸せにしてくれるというそういう発想ではなくてどちらの男性と私は幸せを作っていけるのだろうかという考えを持った方が良いのではないでしょうかもしくはどちらの男性を私は支えていけるのかそういう考えも大事ですよねあなた様の質問であるどちらの男性が私を幸せにしてくれるかという問いに答えるとならばそれはあなた様の努力次第で 幸せにもなるし不幸にもなるそういうお答えになると思いますよ

回答その4

お金が重要だと考えていらっしゃるならばやはり校舎じゃないでしょうかただしあなた様はご結婚されたとしてもたまには山もいいんじゃない程度にしておいた方がいいと思いますよお金がそれほど重要でないとお考えならば客観的な基準がないので私ではお答えできませんね

回答その5

私は成人した子供のいる45歳の主婦です

子供が独立をして自分の年齢的にもそろそろシングルなのはきついかなと思い始めていますとても毎日が不安でおります元旦那は資産家でしたが最後にはお金の苦労でとても大変な思いをしましたよ離婚後はそれなりにたくさん苦労もしましたが子供がそれぞれの道を歩みを進めて立派に成長した姿それを思うと今までの苦労も吹き飛びます今は自殺をしてそれなりの余裕を持った生活をしていますがそれでもやはり一人での老後を考えますね私だったらば趣味が合うとかそういうことではなくてやはり校舎の男性を選ぶと思いますと言うか客観的に見ればやはりそちらの男性の方が幸せになれますよねそんないい年をしてお金もない子供もお荷物だそんな男はないない

でもきっとあなたは前者のお金のない男にほっとけないというのがあるんじゃないでしょうかだからここで悩んで書いているんでしょ惹かれるのに理由なんてありませんよね


  • このエントリーをはてなブックマークに追加